チョコは、がっつりじゃないと。


1週間前のできごと。


ケーキ教室 067.gif ル・ソレイユ(ブログ)に行ってきました!


今月は、タルト・オ・ショコラ、ポルボローネ。
いつもの3人でわくわくしながら、臨みました。



レシピの説明を受ける時に先生が出してくださったのがポルボローネ。
うわー、きなこー005.gif、和菓子?
っていう感じのホロホロした食感。ふしぎー!
きなこ??と思ってたら、なんと和三盆糖!
ほんのりした甘さが紅茶に合う~!!!
ポルボローネはスペインのお菓子なんだって。



タルト・オ・ショコラから作業開始。
アーモンドのタルト生地から。
めん棒でバシバシ叩き、丸く伸ばして、型に敷く。
私がぼーっとしてる間に、MさんNさんがテキパキやってくれる。
しゃべってるだけの私、あーこれじゃぁ上○恵美子のおしゃべりクッキングみたいじゃん。
(あ、最近は上沼恵美子が作ってるんだった。以前は、先生とゲストに作ってもらって
上沼恵美子は、ひたすらしゃべてたんだよね)
ピケをして、オーブンへ。





焼けたタルト生地を冷ましてる間、ポルボローネの作業。
材料をどんどん混ぜていく。
うわー、思ってたより簡単001.gif
おだんごみたいに、どんどん丸めていくんだけど
ここは、きっちり計量。
この緻密さが美しいお菓子をつくる秘訣だよね045.gif
計量は、Nさんに任せ、お団子にひたすら丸める私。
この単純作業もなんか楽しい053.gif





ポルボローネは、クッキーのような感じで作っていくけど
気をつけなきゃいけないことが、ちょこちょこあって、
そういうのを丁寧に教えてもらえるのが、お教室のいいところなんだなあ045.gif




ポルボローゼは焼く前に冷凍庫へ。
そして、タルト・オ・ショコラへ作業は戻る。





チョコレート生地。ふふふ。チョコ好きにはたまりません016.gif
高級チョコヴァローナをたっぷり。
生クリームの白とチョコが混ざる感じ、色がキレイ
うわー、これは絶対おいしいよー024.gif




タルト生地に流し、焼いて。
ここで、終わりでしょ??と思ったら、
焼きあがったタルトにもう1段。グラサージュ。
ここからは、温度が勝負。
チョコの美味しさの秘訣は、なんといっても温度だもんね049.gif


「このケーキは、チョコの部分が薄いのが美味しいですよ」と先生。



なんですと???薄いチョコ???
「先生、チョコはがっつりじゃなきゃ、イヤです046.gif



みんな大爆笑041.gif
やっぱり、私はchoco-holicなのでした。


そうこうして、完成。


e0116618_2359723.jpg

チョコの
つやつや感が
いい感じ
でしょ??
ハートもかわいいし
金箔が
ゴージャス072.gif







e0116618_23595597.jpg

ポルボローゼ。

Mさん曰く
ぼろぼろこぼれてくるから
ボロボローゼって
名前かな??
とくだらん事を
考えてしまった


笑っちゃった
003.gif




e0116618_045756.jpg



カットした
タルト・オ・
ショコラ。
とろーっと
口の中で
溶けるチョコ。
たまらないっす。






恒例の残り物クッキングは。
小さな型で、タルト・オ・ショコラを3台。
半ば意地になって、無理やり作りましたが、超いい感じ。
写メ忘れちゃったー残念002.gif



今回も美味しいレシピを教わって、大満足の私たち。
こうして、わいわい言いながら、お教室は終了しました。


12月はクリスマスのお菓子、超たのしみ053.gif
クリスマスって、なんかウキウキさせるよね??
世間はケーキやプレゼントって、財布のヒモは緩みやすいし、なんなんだろ??
今は、BUMPの新曲Merry Chiristms、ヘビロテです060.gif
[PR]
by chocolamotoo | 2009-12-03 00:23 | 日記