ひたすら山です

「富山県の人にぜひみてほしいです」という一言で観に行きました!

剣岳・点の記

e0116618_0254587.jpg



~あらすじ・キャスト~

明治40年、日本地図完成のために立山連峰、劔岳への登頂に挑む
陸軍測量手の柴崎芳太郎(浅野忠信)ら7人の測量隊。
根底にはかつての日本人に共通する精神がつづられ、実話だからこその感動が胸に迫る。

浅野忠信と香川照之が演じるほか名だたる俳優たちが集結。
本物の大自然を撮影することにこだわり、危険を冒しながら圧巻の雪山シーンにも挑んだ




予想通り、淡々とした映画でした。
目標は前人未踏の剣岳登頂だもん。
到達するにあたっての過程を描いてます。




私、登山をかじったことがあって、
一応、日本3名山(富士山、立山、白山)は制覇したんだよ001.gif
ちゃんと登山靴もピッケルも登山用リュックとか
LLビーンで揃えて持ってます。
夏山に登るヒマがないから、カビ生えないように気をつけてる。



なので、山の魅力はわかってるつもりだけど。



この映画は、山の美しさもわかるけど、山の厳しさの方が多いので
登山とか興味ない人は、うんざりするんじゃないかと思った045.gif
あ・・・山に興味ない人は、この映画見ないか???



100年前の設定だから、すごい吹雪でも
みんな超薄着。さむー、寒いよ~、
この人達なんて大変な撮影なんざんしょ!
同情してしまいましたわ。



浅野率いる陸軍測量隊と仲村トオル率いる山岳会のどちらが先に
剣岳に登れるかっていうのも見所なんだけど
仲村トオルの格好がねえ、トレンチコートで山にいるのが笑えるし、
トオルチームは、みんな洋服姿が
シャーロックホームズみたいなんだよね037.gif




浅野チームは、地元ガイド(香川照之たち)が
みんな、わら??みの??みたいなのに
すげ笠かぶってて、時代背景も出てて、笑っちゃった。
でも、測量のために登ってるから、荷物も当然多いし、
まあなんて大変・・・005.gif



浅野と香川最初に出会うシーンの香川の富山弁が・・・。
やっぱ、イントネーション違うわ028.gif



って、気になったけど、とーっても芝居が上手なので
最後には、あまり違和感なく富山弁のセリフがきけました。スゴイ038.gif



音楽は池辺晋一郎先生。
私のお師匠様とは大の仲良し。
10年前の国民文化祭で富山ソングを作曲してくださった先生は、
本番でオケの指揮も振ってくださって、
(オケは学生だったこともあって、本当に申し訳無いくらいひどかった)
今では、古きよき思い出。勝手に親近感をもっています016.gif


山を黙々と登るだけの映画に、すごーくストリングスが綺麗で
山の雄大さに拍車がかかるし
オーボエがせつなく響くシーンでは、
山って自分と向き合いながら、登るんだよねって懐かしくなりました。
選曲もすごくよくて、数々のシーンにさりげなくも効果的でした049.gif



短いシーンに豪華なキャスト。
役所広司、松田龍平、夏八木勲、笹野高史・・・・
宮崎あおいは、やっぱりカワイイ053.gif
でも、和服姿のたどたどしい話し方は、
「純情きらり」や「篤姫」を思い出しちゃったなあ。



エンドロールには、全キャストの役割が書かれてなくて
「仲間たち」って言葉で統一されてた。
立山の四季が美しくって、字をあまり見なかったなあ。



山の映画なので、ひたすら山です。
最後は、結構にあっけなく005.gif


そういえば、CG全盛期の最近の映画に比べて
CGものすごく少なかったんじゃないかなあ。
CGは、多分雪崩のシーンだけだと思う。
(あれ、実写だったら、みんな本当に死んでるよね045.gif
映画館の大きなスクリーンでは、
立山の景色は本当に迫力あっていいですよん
山の魅力が詰まった映画です058.gif
[PR]
by chocolamotoo | 2009-07-14 01:14 | 日記