相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿

映画 「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」を観ました。

e0116618_23501372.jpg


人気シリーズ「相棒」のスピンオフ・ムービー。
水谷豊扮する杉下右京、寺脇康文扮する亀山薫についで
人気の高い警視庁鑑識課員・米沢守(六角精児)を主役とした
原作「鑑識・米沢守の事件簿」の映画化。

あらすじ
爆弾テロ予告が起こった東京ビッグシティマラソン。
鑑識課員の米沢(六角精児)は、マラソン大会の参加者の中に
自分の逃げた女房を見つける。
特命係の右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)がテロの犯人を追う中、
米沢は逃げた女房と思われる女性の死体が発見されたという知らせを受けるが……。



相棒が大好き053.gifというわけでは、ありません。
両親と妹夫婦がファンでつられて、見ています。
なんか気になったんだよね、この映画。


米沢守は、ドラマの中でもそんなに出番がないけど、
妙にイイ味をだしていて、ま、相棒だから、そこそこ面白いやろ??と
軽い気持ちで映画館に母を誘っていきました。



平日夜の映画館。
しかも、最初は話題になったけど、公開になってからは
あまり評判になってないこの映画。
映画館はいったら、





お客さん2人005.gif




その後、1人。というわけで、5人で映画館。貸し切り状態、快適でしたわ037.gif



ストーリーは。



地味でした。平たくいうと、お金がかかっていない映画。
でもね、細部にわたって、飽きさせないようにできていました。



六角精児のストリートミュージシャンなギターの弾き語りもなんか笑えたし、
携帯の着メロが、三味線の音ってのもうけたし、
警察署の面々は、相変わらず。

気になったのは、
なにか聞き出したくて、市川染五郎をすき焼き食べに連れていくシーン。
肝心なことは、聞き出せない上に、萩原聖人と言い合いになって
肉がどんどん煮詰まっていくところ。
あぁ・・・お肉が煮詰まっていく・・・・・ってずーっと映画観ながら肉のことを考えてしまった。



たくさんのキャストの中で、ピカイチ072.gifなのが、この人



e0116618_0102870.jpg


片桐はいりさん。


圧倒的な存在感でした049.gif
出てきただけで、笑っちゃったもん041.gif
映画のストーリーの中でも、キーパーソンでした。
おだんごや、抹茶アイスなど、甘味処もいいかんじだったなあ。


米沢守が主人公だけあってか、
鑑定の場面も多かった。犯罪を捜査するにあたって、事件現場から
いろんなことを読み取るんだねぇ。
自宅に帰っても、趣味用の一般者向けの鑑定キットを持ってるのには笑ったけど。


ストーリーは、二転三転。
でも、逃げた女房=殺された人ではなかったのが、ストーリーの前半で判明したのは
ちょっと、がっかり。もう少し引っ張ってもよかったんじゃないかなあ。
しかも、逃げた女房が、紺野まひるさん。
悪くないけど、なんか地味なんだよね。


右京さん、薫ちゃんもほとんど映画には関わってなかったのもちょっと残念。



エンドロール後、新しい相棒になったミッチーが出てきて、びっくり。




総括。
うーん、この映画は、テレビで2時間枠のスペシャルでよかったんじゃないかな???
暗い場面のシーンが多いせいか、母は一瞬寝てたぞい。
ま、テレビで入っても、見れる確率が少ないから、映画観てよかったわ。
ってな感じです。
[PR]
by chocolamotoo | 2009-04-16 00:25 | 日記